2009年2月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:13:56 Feb 20 2009

トヨタ中国 経営トップ交替で活路を見出す

 トヨタ中国は経営トップの交替を断行し、2009年の中国自動車市場の長い旅路を開始した。今回の調整の対象となったのは、トヨタ中国本部部長、トヨタ本部中国室室長および独立管理のレクサス業務責任者など重役。トヨタ中国が経営立て直しを図ろうとしているのが伺える。こういった大きな人事異動は、豊田章男氏の社長就任後初めてのことだろう。トヨタ中国のこれまでの、ゆとりのある、しっかりしたイメージに影響を与えるのは必至だ。

 業界内では、今回の人事異動はトヨタ中国が達成できなかった08年の業績に関係があると見ている。トヨタ中国は昨年17%の伸びをみせたが、販売台数は年初に立てた70万台という目標を大きく下回った。「車の販売に長けている」といわれるトヨタでさえ黒字が赤字に転じ、世界の自動車産業は昨年惨憺たる結果に終わった。やや疲れの見える中国エリアも責任が問われる形になったのだろう。

 確かに、中国で昨年最も成功を収めたミドル・ハイクラスカーは依然として「カムリ」だったし、「カローラ」もヒットした。しかし、トヨタの戦略車に敵なしという神話には陰りがみられた。昨年発売された「新型ヴィオス」と「ヤリス」(セダン)の売れ行きはさほどでもなかった。特に厚い期待のかかっていた「ヤリス」は惨敗といっていいほどだった。「カムリ」もトップの座は危うく、ホンダ「新アコード」との対決にプレッシャーがかかる。

 トヨタは他の日系自動車メーカーと同じように、中国市場の業績にばかり目が行き、技術導入や中国側のパートナーへの技術サポートといった面にさほど関心を向けていない。フォルクスワーゲン(VW)やゼネラル・モーターズ(GM)を代表とするドイツや米国系の自動車メーカーはこれとは違った態度とやり方を採用し、中国国内でより多くの信頼を得ている。このためトヨタは中国に根を下ろすことが出来なければ、「次のステップアップ」は非常に困難だろう。

 中国の自動車市場は国の政策によるサポートとけん引があったため、自動車工場と販売代理店は幸先のよいスタートが切れ、今年1月には新車の販売台数で米国を抜き世界一へと躍進した。中国の自動車市場は国内外の自動車メーカーにとって大いにやりがいのある場所となったのは疑いもない。これまで中心となってきた北米や日本の自動車市場は低迷の色をみせ、トヨタは中国の自動車市場を改めて見直さなければならなくなっている。このため今回の経営トップ交替の背後には、トヨタ中国が今後より大規模な投入を展開し、販売戦略を展開していくねらいが見え隠れする。「統率の交替は刀を換えるようなもの」という言葉があるが、トヨタ中国の息吹が一新されるかどうか、今後の動向に期待したい。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年2月20日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第15号)
中国を巻き込むリストラの嵐 new
【特集】胡錦濤主席の中東・アフリカ5カ国歴訪
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古