2009年2月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:09:57 Feb 24 2009

真っ先にリストラされる5タイプの従業員

 企業が一旦赤字に直面、あるいは収益が落ち込んだ場合、財政危機を乗り越えるべく、まず従業員のリストラを検討し、自社の活性化を図ることで発展速度を高めようとする。では、どのようなタイプの従業員が真っ先に矢面に立たされるのだろうか?

 A.キャリアが浅い従業員。取締役は、このような従業員の身の振り方は会社の将来にそれほど大きな影響を与えないとみる。

 B.業績水準が最低の従業員。とりわけ業績が給与に値するだけの働きをしていない従業員。

 C.価値の低い従業員(人的資源力が乏しい、潜在能力が低いなど)。これらの従業員もリストラの重点対象となる。

 D.日頃から私用・欠勤など、会社の資源を浪費する従業員。企業は危機に直面したとき、当然の如くこれらの「どうにもならない」従業員をクビにする。

 E.高い報酬に見合った貢献をしていない従業員。(編集HT)

 「人民網日本語版」2009年2月20日

中国を巻き込むリストラの嵐

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古