2009年2月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:12:33 Feb 23 2009

中国は「赤字時代」に突入?

 積極的な財政政策の一層の進展に伴い、赤字の拡大が今年の最も重大な現象になるものと予想される。今年は赤字が例年の標準を超えるとの見込みは早くから出されていたが、このほど発表された「財政赤字は9500億元に達する」との予測は世間に大きな衝撃を与えた。「国際金融報」が伝えた。

 ▽空前の赤字か?

 このほどあるメディアが伝えたところによると、2009年度予算報告はすでにまとま

 り、3月に開催される全国人民代表大会で審議される見込みだ。その中で赤字は9500

 億元に達するとされ、うち2千億元は中央政府が代理発行する地方債だという。

 中国人民大学財政金融学院の趙錫軍副院長によると、政府は経済振興に向けてさまざまな社会資源を活用し、財政資源を利用して投資や消費などを促進している。こうした方面での支出が例年よりはるかに多いため、09年には例年にない特殊な支出状況が出現する見込みだ。また金融危機の影響で経済成長が鈍化し、企業利益が低下していることから財政収入も減少。こうした要因の影響により、09年度財政には大きな圧力がかかり、赤字が拡大することが予想される。

 こうしたデータのいうところが真実ならば、今年は中華人民共和国の建国以来、最大の赤字年となる。10数年前のアジア金融危機の時でさえ、中国の財政赤字は2千億ー3千億元に抑えられていた。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古