2009年2月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:14 Feb 23 2009

GM、巨額の負債で背水の陣


 米国最大の自動車会社、ゼネラル・モーターズ(GM)は今、崖っぷちに追い込まれている。格付機関などによると、GM破産の確率は70%にまで高まっているという。経済危機の泥沼にはまったGMは18日、アカデミー賞へのスポンサーを降りることを発表した。GMはこれまでアカデミー賞へのスポンサーを10年以上務め、スポンサー料は合計1億ドル以上にのぼっていた。

 現在GMが直面する最大の危機は、巨額の債務だ。GMは17日、米政府に再建計画を提出、166億ドルの追加支援を求めた。これまでの融資などをあわせると、GMが政府から獲得した支援総額は300億ドルに達する勢いだ。GMは政府から新しく資金が提供されなければ、今年3月には資金が底をつく可能性があるとしている。

 再建計画の中でGMは、さらに工場を閉鎖し、今年中に4万7千人のポストを削減、コストを下げることを発表した。

 しかし、アナリストと債権者はこの報告に楽観的ではない。彼らは、GMがさらに資金を獲得したとしても、新しい株式を発行することで約280億ドルの債務を返済することになるだろうと見ており、債権者は、このことがGMを弱体化させ、再建が不可能になることを心配している。さらに政府とGMが結んだ協議によると、3月31日までに損失を利益に転じさせる兆候が見えなければ、米国財政部は融資した資金を回収、もしくは破産を要求する権限がある。

 このため、期限となる3月31日の5週間前、GMは債権者、労働組合、財政部と3つの重要な交渉を行うが、巨額の債務は交渉の中で避けられないメイントピックとなるだろう。これらの交渉のうち、1つでも失敗すれば、GMの破産を招く恐れがある。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年2月23日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古