2009年2月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:16:23 Feb 24 2009

中日の家電メーカー、経済危機にどう対応?

 春節(旧正月)が過ぎ、中国の家電業界は不安をさらに募らせている。ソニーが14年ぶりに赤字に転落するというニュースを皮切りとして、パナソニック、東芝、日立、NECなど日本の家電大手の赤字予想が次々と発表されたからだ。赤字にはもちろん、人員削減や一部工場の閉鎖などが伴う。今年の家電業界の最大の関心事は、赤字と業績悪化になることだろう。(沈世華=文)

 中国の家電メーカーは、家電製品を農村に普及させる「家電下郷」プロジェクトの準備を積極的に進め、このチャンスに地方や農村市場を開拓することで危機を乗り越えようとしている。

 ここでは、家電業界の赤字や需要低下ではなく、中日の家電メーカーがこの危機にどう対応しているかに注目していきたい。日本のメーカーはリスクに対応する意識や方法、手段を持っているのに対し、中国のメーカーは市場経験や思考準備が欠けているために、市場の回復を待って策を講じようと考えている。

 大手がいずれも赤字転落へ

 日本のメディアはこのほど、世界的に大きな影響力のある日本の家電大手の苦心惨憺たる状況や営業赤字予想について次々と伝えた。

 共同通信社によると、パナソニックの09年3月期連結業績は3000億円超の赤字に落ち込み、6年ぶりの最終赤字となる見通しである。

 NECと日立も09年3月期の連結業績予想を下方修正した。半導体業務の不振と円高の影響を受けて、NECの当期損益は2900億円の赤字に転落する見通し。日立の当期純損失は7000億円に達し、2001年のITバブル崩壊による4838億円を上回る見通しだ。富士通もこのほど、09年3月期の連結業績は2002年以来の最終赤字となると発表した。赤字額は200億円。東芝は2800億円の赤字が見込まれている。

 09年3月期の連結業績予想を比較的早い時期に発表したソニーは、1500億円の赤字となる見込みで、まさに14年ぶりの赤字転落となる。赤字額は他社に比べて小さいものの、ソニーの赤字転落は世界の家電業界に大きなショックを与えた。

 上述のメーカーの赤字転落の理由は、次の3点にあると考えられる。

 第一に、不景気によって家電やデジタル製品の需要が大幅に減少したため、業績が悪化したこと。第二に、グローバル展開を盛んに進めていたため、各地域の経済リスクを受けて投入と産出のバランスが崩れ、コスト削減や新規投資の縮小・中止を行うほかなかったこと。第三に、一部の企業は株式売買や資産運用などの多元的な経営投資を行っていたために、多くの損失をこうむったこと。

 日本の家電メーカーのみならず、欧米も含めた世界中の家電メーカーの業績は楽観できない状況にある。しかしこのことはそんなに重要ではない。重要なのは、今年も大幅な消費低迷が予測される中、この危機にどう立ち向かい、そう乗り越えていくかである。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】ダーウィン生誕200周年new
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪new
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古