2009年2月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:00 Feb 26 2009

中国自動車メーカー 海外進出の第3の道は工場建設

 金融危機によって製品の輸出は打撃を受け、海外M&A(合併・買収)はリスクが高まり、自動車メーカーの海外進出はこの2つの方法ではうまくいかなくなっている。そこで第3の道、海外工場の立ち上げに目が向けられるようになっている。「国際金融報」が伝えた。

 ▽相次ぐ工場立ち上げ

 長安自動車集団はこのほど、来年メキシコに合併会社を設立すると宣言。吉利、一汽に次ぎ、メキシコに工場をもつ3番目の中国系自動車メーカーとなる。ここでは小型車と中型車が生産される予定だ。

 長城汽車国際部の王士輝・市場総監督は25日、今年ベネズエラ、ボリビア、ロシアに工場を立ち上げる計画を発表。今年8月に完成するベネズエラ工場は年間2万台を生産、今年末に完成するボリビア工場は年間5万台を生産、今年8月から9月にかけて改造されるロシア工場は年間5万台の生産が見込まれている。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古