2009年2月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:10 Feb 27 2009

マツダ中国、今年の全体計画を発表 ディーラー110店に拡大へ

 長安マツダは25日、河南省鄭州市でディーラー大会を開催し、長安マツダの今年の全体計画を発表した。マツダ中国の山田憲昭・総裁は大会で、長安マツダの販売ネットワークへの輸入車販売の導入をマツダ中国がすでに決定したことを正式に明らかにした。一汽マツダも輸入車を扱っており、マツダの中国での2本の販売ルートはいずれも輸入車販売の業務を行うことになった。「京華時報」が伝えた。

 長安マツダへの投資者である長安集団とマツダはしばらく前、ハイレベルの幹部による会議を開き、長安マツダの販売ルートに輸入車を導入することを決定していた。

 長安マツダの藤橋稔・総経理はディーラー大会でさらに、同社の09年度の販売目標を発表。長安マツダの08年の販売台数は4万4千台で市場シェアは1.5%だったが、今年は販売台数6万台と市場シェア2%をねらう。長安マツダのディーラー数は年内に、現在の92万店から110店に広げられることになっている。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年2月27日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】国務院10大産業振興計画new
【特集】ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪
【特集】胡錦濤主席の中東・アフリカ5カ国歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古