2009年3月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:51 Mar 02 2009

ブレーキに欠陥 三菱、中国で9千台リコール

 国家質量監督検験検疫総局(質検総局)は27日、三菱自動車工業が今月7日から08-09年製2.4Lモデルの輸入車「アウトランダーEX」と09年製の輸入車「ランサーEX」の一部、あわせて9390台のリコールを届け出たと発表した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 対象となるのは、07年11月7日から08年12月5日に製造された「アウトランダーEX」9108台、08年10月3日から同年11月20日に製造された「ランサーEX」282台。

 リコールの理由は、制動倍力装置の負圧を保持するチェックバルブの材料が不適切で、エンジン停止後の駐停車中にバルブが閉じた状態で粘着することがあり、始動直後にアクセルペダルを踏まない状態で低速走行中にブレーキをかけても、チェックバルブが開かず、最初の制動時にブレーキが重くなるおそれがあるため。

 三菱自動車工業は今月7日からリコールを開始。ハガキを出して直接顧客に知らせ、三菱の特約店で無償修理を行う予定だ。三菱自動車のフリーダイヤルや中国語版のホームページでも問い合せを受付けている。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年3月2日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】国務院10大産業振興計画new
【特集】ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪
【特集】胡錦濤主席の中東・アフリカ5カ国歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古