2009年3月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:37 Mar 04 2009

汚染ミルクの三鹿、資産競売へ 三元が参加表明


 汚染ミルク事件で破産した三鹿集団の資産競売が4日に行われる。北京の乳製品大手・三元集団は3日、同集団と三元食品傘下の河北三元が「共同落札者」として競売参加の申請を行い、2億元の保証金を支払ったことを明らかにした。

 三元集団の範学珊・董事長(党委員会副書記、三元食品董事長)が「共同落札者」を代表して、4日に石家庄で行われる競売に参加する。

 範董事長によると、三鹿の資産総額は約8億元と見られ、臨時株主総会によって定められた最高落札額は8億8千万元という。落札額がこの額を超える場合、再度株主総会が開かれ、討論が行われる。

 落札資金の調達方法について三元食品はすでに公告を発表、三元食品の実際の運営決定権を持つ三元集団と大株主らに対し2億から2億5千万株を発行して8億元から10億元を調達するという。ただし発行には中国証券監督管理委員会(CSRC)の調査・認可が必要となる。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年3月4日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古