2009年3月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:16:45 Mar 05 2009

各国・地域の観光競争力 香港は世界12位

 世界経済フォーラムは4日、「2009年観光・旅行競争力報告書」を発表した。その世界1位に選ばれたのはスイス、続いてオーストリアとドイツが2位につけた。香港は昨年よりも2位アップの世界12位だった。香港紙「星島日報」が伝えた。

 香港のライバル、シンガポールは昨年の16位から今年は香港を抜き10位に入った。中国本土は昨年の62位から47位に上昇した。

 この報告は133カ国・地域を対象に分析したもので、スイス、オーストリア、ドイツがそれぞれトップ3に、4位から10位までは順にフランス、カナダ、スペイン、スウェーデン、米国、オーストラリア、シンガポールで、香港は世界12位と昨年よりも2位アップした。

 世界経済フォーラムは、今回収集した各国・地域の資料は昨年2月から5月のもので、ランク付けに経済危機による影響は見られないが、今後のランク付けには必ず影響するだろうと指摘する。

 シンガポールは香港の観光業にとって一番のライバルだ。昨年は16位で、香港よりも2ランク低かったが、今年は10位で香港を抜いた。香港人に一番人気のある観光地、日本は今年は2ランク落ちて25位だった。一方台湾は昨年の52位から今年は43位にランクアップした。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年3月5日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古