2009年3月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:16:54 Mar 05 2009

政府活動報告、中央財政の1兆1800億元投資を確認

 第11期全国人民代表大会第2回会議が5日午前9時、人民大会堂で開幕した。国務院の温家宝総理が政府活動報告を行った。温総理は報告で、08年の経済データと09年の投資計画などについて次のように指摘した。

 国民経済は引き続き安定した急速発展を維持している。国内総生産(GDP)は前年比9%増の30兆元を上回った。物価の全体的レベルの上昇幅は抑制を得た。財政収入は前年比19.5%増の6兆1300億元に達した。穀物生産は5年連続増産、総生産量は5285億キログラムの史上最高記録を打ち立てた。

 政府投資を大幅に増加し、2年間で総額4兆元の投資計画を実施する。うち中央政府は1兆1800億元を投入し、構造的減税(一部税目のみを減税対象とする選択的減税)を実施し、国内需要の拡大を目指す。産業調整振興計画を広範囲にわたって実施し、国民経済全体の競争力を高める。自主革新を大々的に推し進め、科学技術による下支えを強化し、発展基盤をしっかり固める。社会保障水準を大幅に高め、都市・農村部の就業を拡大させ、社会事業の発展を促進させる。(編集KM)

「人民網日本語版」2009年3月5日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古