2009年3月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:11:13 Mar 06 2009

中国、海外展示会初の知財権サービスステーションを開設

 中国商務部が中心となって設立した「中国出展企業知財権サービスステーション」が3日、ドイツのハノーファーで開幕したIT展示会「CeBIT」で正式に業務を開始した。

 中国商務部が正式なサービスステーションを海外展示会に設けるのは今回が初めて。出展企業がかかわる知財権侵害トラブルに問い合わせと調停のサービスを提供するねらいだ。サービスステーションに招かれた中国と欧州の法律専門家が、援助を必要とする中国出展企業に無料サービスをその場で提供し、中国と欧州の出展企業間で起こった特許・商標・外観デザインなどの知財権トラブルを積極的に解決することになっている。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年3月6日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古