2009年3月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:11:18 Mar 06 2009

中国の検索エンジン利用者、2億人を突破

 中国インターネットネットワーク情報センター(CNNIC)が発表した報告によると、中国の検索エンジンの利用者は昨年末までに2億300万人に達し、年間成長率は33.6%に達した。中国の検索エンジン利用者の2億人突破はこれが初めて。「北京商報」が伝えた。

 検索サイトの商業的価値が認められるようになったことで、より多くの企業がより多くの資源を投資して検索サイトを活用するようになってきている。なかでも製造業は、検索エンジンの活用をマーケティングの不可欠な手段としてとらえている。検索サイトの最大の広告主である製造業は、第2位のIT産業の12.5%を大きく引き離し、49.3%の絶対的な位置を占めている。

 検索エンジンマーケティング(SEM)は、同じくインターネットを活用したマーケティングである電子商取引に対しても優勢を誇っている。5千万元以下の投資で見ると、SEMへの投資額は電子商取引への投資額を超えている。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年3月6日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古