2009年3月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:09:32 Mar 10 2009

6つのデータからみる中国の経済情勢

 国際金融危機の影響の下、2009年の中国経済情勢がどのようなものになるかに世界中が注目している。「市場報」が伝えた。

 国務院の温家宝総理は、今月5日に開幕した第11期全国人民代表大会(全人代)第2回会議で行った政府報告で、今年の政府の活動計画に多くのページを割いている。経済成長率、都市部の新規就業者数、物価上昇率、国際収支という経済社会の発展における4つの目標値、および財政と通貨に関するマクロ調整政策の計6点が、経済情勢を占う上で重要なポイントになるとみられる。

 (1)経済成長率:ハードル高い成長率目標値8%

 政府の活動報告によると、09年中国経済の国内総生産(GDP)成長率の目標値は約8%。政府は5年連続で目標値を8%に設定しているが、今年の状況ではこの数字は相当ハードルが高いものだ。

 全人代代表を務める東北財経大学の艾洪徳校長によると、経済成長の周期的な調整や国際金融危機の影響などがあいまって、中国経済への減速圧力が増大している。成長率約8%は努力しなければ達成できない目標であり、達成できなければ必要な雇用機会を生み出せず、経済・社会を順調な運営を実現することはできない。

 同じく全人代代表を務める中国人民銀行済南支店の楊子強支店長は「中国経済はこのたびの経済低迷の中で、他に先駆けて回復に向かう」と述べつつ、「さきの一連の経済指標には好転の兆しがみられたが、経済低迷が底を打って回復に向かったと判断するにはなお不十分だ。今年6?7月が重要なチェックポイントになるとみられる」と注意を促す。

 (2)雇用水準:都市部で900万人以上の雇用創出

 国際金融危機の強い衝撃を受けて、中国企業の人材ニーズは明らかに減少した。現在、職を失って帰郷した出稼ぎ農民労働者(農民工)約2千万人、大学新規卒業生610万人、および「就職浪人」している大学卒業生約100万人が職を求めている。

 厳しい雇用情勢に対し、政府の活動報告は「今年は都市部で900万人分以上の雇用を創出し、都市部の登録失業率を4.6%以内に収めなければならない」としている。

 中国共産党淮安市(江蘇省)委員会の劉永忠書記(全人代代表)によると、現在のように経済が困難に直面する状況では、雇用の問題が突出する。従来の雇用規模を保ちつつ、新たな雇用機会を創出することが、経済の活力を維持し、中国の経済・社会の正常な運営を保証する上で極めて重要だ。

 今年の都市部での雇用創出の目標値は900万人で、昨年の1千万人より100万人少なく、一昨年の水準にほぼ相当する。

 雇用の促進は政府が担うべき責任であり、特に経済情勢が厳しい時期にはぜひとも果たさなければならない責任だ。政府の活動報告では、より積極的な雇用政策の実施に向けて、中央政府が420億元の予算を割り当てるよう提起する。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)[ポスト金融危機時代の日本経済]
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古