2009年3月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:16:01 Mar 10 2009

グローバル企業が見る「両会」 中国の振興がチャンスに

 北京で開催中の両会(全人代、全国政協)に世界中が注目している。世界的に有名なグローバル企業も高い関心を示し、両会への評価と期待を表している。

 ▽国際社会を勇気付けた成長率8%目標

 ドイツバンクのチーフエコノミストを務める馬駿氏は取材に対し、「今年の政府活動報告は人々を勇気付けるものだった。私が気付いたのはまず、今年の両会が、国民生活や消費刺激、社会の安定確保を強調していること。具体的な措置で言うと、社会保障資金への今年の中央財政投資は2930億元に達したことだ。昨年の予算を439億元上回り、17.6%という大きな伸び幅を記録している。地方財政の投資も拡大される予定だ。次に、農村養老金制度が初めて議事日程に上がったこと。農村養老金は今年、農村人口の10%をカバーする計画だ。これは画期的な変化を示している。また、農民工(出稼ぎ労働者)や大卒者に対してより多くの就業チャンスを提供することも打ち出された。これらはいずれも、注目すべき構造的な変化だといえる」と語った。

 世界経済の成長率がプラスにとどまった08年、中国GDPは9%の成長率を記録し、世界経済成長への貢献率は20%に達した。「経済成長がマイナスに転化しようかという時に、中国経済が8%成長を実現すれば、その貢献率は40%を超えるだろう」と馬氏は語る。

 国際投資の分野では、中国への帰還が09年の潮流となりそうだ。UBSのグローバルエコノミストを務めるジョナサン・アンダーソン氏はこのほど、「今年収益を上げるには中国に戻ることがカギとなる」と主張する文章を発表した。アンダーソン氏によると、活力を損なうような経済減速を中国は回避することができるし、完全な衰退に陥ることはない。世界各国の経済が急激に収縮しつつある現在、世界の投資家らは中国の成長速度を評価している。シティグループの専門家も、「政府の4兆元におよぶ経済刺激策を受け、中国経済は09年、8%を超える成長率を記録する」との見方をしている。シティグループのアジア太平洋地域のチーフエコノミストを務める黄益平氏は、「成長率8%確保に自信を持つことができるのは、政府が意欲と能力を持っているからだ。中国のマクロ経済の展望は世界のほかの地域よりも明るい」と語る。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)[ポスト金融危機時代の日本経済]
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古