2009年3月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:17:10 Mar 10 2009

2月のCPI発表 6年ぶりのマイナス成長に

直近一年間の中国のCPIとPPIの変動

 中国国家統計局の10日の発表によると、2月の消費者物価指数(CPI)は、前年同月に比べて1.60%低下した。都市部は1.9%、農村部は0.8%低下した。食品類価格は1.9%、非食品類価格は1.2%、消費財価格は1.5%、サービス価格は1.8%とそれぞれ低下した。中国のCPIの前年同月比マナナスは2002年12月以来6年ぶり。また、2月のCPIは前月比で横ばいとなっている。

 消費者物価水準は、2008年12月に比べて0.9%上昇した。食品類価格は0.8%上昇し、中でも新鮮野菜は4.0%の上昇、新鮮タマゴは0.8%の低下となった。

 2月の生産者物価指数(PPI)は、同4.5%低下し、1月3.3%から低下幅が拡大した。

 CPI低下の原因について、昨年2月の基数が高いことと、春節(旧正月)後の食品価格の反落などが挙げられている。

 「チャイナネット」2009年3月10日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)[ポスト金融危機時代の日本経済]
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古