2009年3月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:11:22 Mar 11 2009

「家電下郷」の内需拡大へのけん引的役割が顕著

工業・情報化部の李毅中部長

 工業・情報化部の李毅中部長は10日午前10時、第11期全国人民代表大会(全人代)第2回会議の「内需拡大、就業の促進、経済成長の確保」に関する記者会見で、記者の質問に答えた。

 『フィナンシャル・タイムズ(英紙)』記者:農村における家電普及の実施がすでに一定の時期が経っており、今後は農村でのコンピューター普及だが、農村の家電普及は、内需拡大や全体的な電子産業の内需刺激に対して、具体的にどのような効果があるのか。

 李毅中部長:農村の家電普及の実施において、先頭に立ったのは商務部と財政部で、これは国内消費をけん引する重要で効果的な政策だ。温総理は政府活動報告の中で、200億元で農村の家電普及の実施をけん引すると述べたが、この計画は一昨年は13のモデル省、昨年は14の省、今年はすべての省で実施される。

 現在、農村の家電普及の対象家電製品の種類は多様化しており、コンピューターやエアコン、電磁調理器なども含まれている。また価格の13%に当たる補助金が出る家電の種類の制限も緩和され、もともと1世帯1台だったが、世帯人数の多い家庭は2台購入できるようになり、農民たちは喜んで受け入れている。

 家電企業も入札で落札された企業が選ばれ、在庫や売れ残った商品が販売されることはない。製品は農民たちの特徴に合わせて開発した新しい銘柄で、農村の水利用や電気利用、住宅の状況を踏まえて製造されている。

 農村の家電普及により、最初は電子製造業と家電工業をけん引したが、今は鉄鋼や薄板、化学工業、機械製造工業などを促進している。もちろん様々な問題もある。例えば沿海地域と内陸地域の農民では、製品の種類に対する要求が違い、さらに高級な家電を購入したいと思っている農民も少なくない。決算や清算で不備もあるが、これらの問題は一つ一つ解決されている。

 農村の家電普及を今後1年、2年、3年と実施すれば、電子工業や電子製造業の促進は非常に顕著であることは、今までの実施で裏付けられている。

 「チャイナネット」2009年3月10日

『フィナンシャル・タイムズ(英紙)』記者
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)[ポスト金融危機時代の日本経済]
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古