2009年3月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:10:55 Mar 24 2009

全人代代表 500元札・1000元札の発行を提案

 全国人民代表大会(全人代)台湾代表団の何大欣代表(江西省台聯会長)はこのほど、第11期全人代第2回会議に出席し、「実用・流通の点から見ても、環境保護・節約という点から見ても、人民元の500元札・1000元札を発行することを提案します」と語った。新華網が伝えた。

 何氏は、「世界の主要貨幣や香港・マカオ・台湾地区の紙幣と比べ、人民元の最高額紙幣が100元というのは少なすぎる」と指摘。ドル、ユーロ、ポンドの最高額紙幣を人民元に換算すると、人民元の最高額紙幣よりも6倍以上の価格となる。また香港ドル、マカオドルの最高額紙幣は1000元で、人民元よりも900元以上高く、ニュー台湾ドル の最高額紙幣は2000元で、人民元に換算すると400元以上高い。

 何氏は、「人民元の額は少なすぎるため、貯蓄、携帯、取引などに不便だ」とし、「国民経済の急速な発展に伴い、中国人の一人当たり収入も増加している。一度に1000元使うことも珍しくない。今はカードを使うことも出来るが、ほとんどの中国人は現金払いがメインだ」と語る。

 環境保護と節約の観点から見ると、1枚の1000元札は、10枚の100元札よりも使う紙の量が90%少なく、さらに印刷などのコストが削減できるため、資源の節約効果ははっきりしているという。何氏は「大まかな計算では、紙幣印刷費用だけでも毎年30億元の節約になり、コストが大幅に削減できるほか、木材の節約にもなる」と述べた。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年3月12日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第18号)金融危機後の中国と日本企業の対応
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】両会の経済20キーワードnew
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古