2009年4月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:10 Apr 22 2009

苦境の米3大メーカー、上海モーターショーに例年通り出展へ

 第13回上海国際自動車工業展覧会(モーターショー)が4月、上海で開催される。金融危機で苦境に陥っている米国の3大メーカー、ゼネラルモーターズ(GM)とフォード、クライスラーも、例年の規模とレベルをほぼ維持して参加することになっている。中国新聞社が伝えた。

 展覧会主催者によると、今回の上海モーターショーは、過去最大となる17万平方メートルの規模で行われる。

 GM中国によると、同社からは今回、世界初・アジア初となる多くの車種が登場する。中国市場に次々と打ち出されている新車も出展される予定だ。例年の規模をほぼ保っての参加となる。

 フォードやクライスラーも、ほぼ例年並の規模でのモーターショー参加を明らかにしている。クライスラー中国の関係者によると、中国市場で今年打ち出される数種の新車もモーターショーでいっきに登場することになっている。

 上海モーターショーは、自動車産業の発展レベルを集中的に示す重要なプラットホーム。世界的な不景気にもかかわらず、今回のモーターショーでは、ベンツとBMWが出展面積を拡大しただけでなく、高級車やスポーツカーのシリーズでもポルシェ・フェラーリ・マセラティ・ランボルギーニ・マイバッハ・ベントレー・スパイカーなどの出展が決まっている。

 世界の有名メーカーと並んで、中国メーカー各社もこの舞台を借りて自社ブランドの新車を打ち出していく構えだ。一汽・上汽・東風・長安・広汽・北汽の中国自動車産業6大グループは初めての共同参加を実現する。新エネルギー車も、モーターショーの目玉の一つとなりそうだ。

 上海国際モーターショーは1985年に創設され、上海を舞台に隔年で開催されている。中国で最も早く始まった国際モーターショーだ。「科技、芸術、新境地」をテーマとした今回は、4月22日から28日まで開かれる。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年3月13日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古