2009年3月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:10:10 Mar 24 2009

人民元レート、1ドル=6.83元を維持

 先週、米ドルの主要通貨に対するレートが下落したことを受けて、人民元は対米ドルレート基準値が上昇し、対ユーロレートが下落した。「国際金融報」が伝えた。

 中国外匯(外国為替)取引センターがまとめたデータによると、先週の5営業日の間に、人民元の対米ドルレート基準値は1ドル=6.8355元から6.8334元へと一気に上昇し、21ベーシスポイントの上昇となった。米ドルの下落はユーロや英ポンドの上昇をもたらし、5営業日で人民元の対ユーロレート基準値は1ドル=8.6872元から8.8257元に下落し、約1300ベーシスポイントの大幅な下落となった。

 あるアナリストの分析によると、銀行業界の好材料が明らかになるにつれて、欧米の株式市場や投資家の信頼感が回復してきたが、各国の経済情勢は短期的には低迷から脱するのが難しく、マイナス材料が出てくる可能性もあるため、今後も市場では米ドルが危機回避のための通貨として人気を集め、上昇ムードが続くものと予想される。

 だが米ドルの変動は人民元レートにそれほど大きな影響を与えない。中国人民銀行(中央銀行)の周小川行長(総裁)がこのほど述べたところによると、「今後しばらく間、人民元の対米ドルレートは1ドル=6.83元台を維持する見込みだ」という。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年3月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第18号)金融危機後の中国と日本企業の対応
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】両会の経済20キーワードnew
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古