2009年3月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:10 Mar 18 2009

両会の経済20キーワード(1)4兆元経済刺激策

 ▽政府担当者の説明

 国家発展改革委員会の張平主任によると、4兆元の具体的な投資先は、民生プロジェクト、三農(農業、農村、農民)、インフラ、社会事業、省エネ・環境保護、技術進歩、被災地再建の7分野となる。4兆元のうち、中央政府が1兆1800億元を負担し、残りの3兆元はその他のルートから調達される。政府は、さまざまなルートからの資金調達を積極的に指導していく計画だ。地方政府に対しては、引き受けるべき資金の積極的な調達を支援する。具体的には、中央財政が地方財政に代わって2000億元の地方債を発行するなどの措置が取られる。

 ▽両会出席者の声

 全国政協委員を務める財政部財政科学研究所の賈康・所長は、「財政政策はまだ強める余地がある。その一つが投資の拡大だ。必要ならば、4兆元に加えてさらなる投資をすることも考えられる。その他のあらゆる措置も対応プランの中で全般的に準備しておいてはどうか。総体的に言って、中国には利用可能な余地が十分にあり、必要な政策も整っている」と指摘している。

 ▽記者のコメント

 都市部固定資産投資は2月、予想を超えた増加スピードを記録した。4兆元投資の効果はすでに現れている。だが投資の効果的な使用を確保し、重複建設や不当利用を防止することには、監督管理の最も重要な課題となる。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年3月16日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)[ポスト金融危機時代の日本経済]
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古