2009年3月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:04 Mar 17 2009

北京と上海を結ぶ高速鉄道 VIP車両ではインターネットも (2)

 ■安全性:強風対策、速度自動調整

 新世代高速列車の臨界速度は550キロ以上に達するが、運行曲線を利用して列車の運行速度を自動調整し、スピードが出過ぎないよう確保できる。リアルタイムで高速列車のパラメータと性能の変化を監視し、故障が発生した際には自動的に安全操作される。風や砂、雨、雪、霧など悪天候に対応し、風速20メートル以下の状況では時速350キロで運転し、どんな天気にも対応する機能を備えている。

 ■省エネ:9割の電気エネルギーを回収し、抗菌素材に活用

 回生ブレーキなど省エネ技術を活用することで新型高速列車が100キロメートル運転して消費する電力は1人当たり6キロワット時に満たない。回生ブレーキによる電気エネルギーの回収率は90%に達する。車内の素材には低発煙性、無毒性、難燃性、抗菌性のある高水準の環境保護素材が使用され、車内はエコな乗車環境となっている。高速列車の電磁環境適合性は高く、最新の防音・振動削減技術が採用され、外部の振動と騒音に関する国家基準を満たしている。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年3月17日

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)[ポスト金融危機時代の日本経済]
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古