2009年3月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:14 Mar 18 2009

両会の経済20キーワード(7)新株公開制度の改革

 ▽政府担当者の説明

 証券監督管理委員会の尚福林・主席は、「証監会はこれまでずっと、株式公開制度の改革を続けてきている。さらに市場化された公開メカニズムを形成し、市場の公平をいっそう確保し、流通市場での過度の投機的売買を防止することが重点となる」と述べた。新規株式公開(IPO)の再開に関しては、「市場の環境と新株公開制度の改革に応じて決める」と語った。

 ▽両会出席者の声

 証監会の範福春・副主席(全国政協委員)は両会期間中、「A株市場のIPO再開は必然的な状況だ。だが新株公開制度の改革を進めなければ、新たな問題を残してしまうことになりかねない。証監会関連部門は現在、新株公開制度の改革について立ち入った調査研究を進めており、関連規則がまもなく市場に公開され、意見募集を行うことになっている」と述べた。

 ▽記者のコメント

 株式公開は、資本市場にとって最も初歩的で最もかなめとなる部分の一つだ。新株公開制度を改善することができるかは、市場の融資機能がIPO再開後にどれだけの質を持って発揮されるかや、ベンチャー市場をうまく打ち出すことができるかなどにかかわってくる。中国資本市場の改革の道は、とどまることのない市場化の道だ。新株公開を重要な一歩として、中国資本市場はますます成熟していくことだろう。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年3月18日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)[ポスト金融危機時代の日本経済]
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古