2009年3月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:14 Mar 18 2009

両会の経済20キーワード(9)株価指数先物

 ▽政府担当者の説明

 証券監督管理委員会の尚福林・主席は、「株価指数先物の打ち出しは市場構造の改善に役立ち、現在の一方的な市場傾向を改善することができる。証監会は現在、関連業務を積極的に準備している」と語った。範福春・副主任は、「株価指数先物はすでに3年間の準備を経ており、事前作業はとてもしっかりできている。だが打ち出しの時期については、適切な環境が整うのを忍耐強く待つ必要がある」と指摘した。

 ▽両会出席者の声

 中国金融先物取引所の朱玉辰・総経理(全国人民代表)は、「株価指数先物の打ち出しは、中国市場の一方的な傾向を改善する。投資家の予想を安定化し、長期的な資金の市場参入を促すことにも役立つ」と語った。

 ▽記者のコメント

 リスクヘッジのメカニズムを提供することは、株価指数の波を抑えて投資家の予想を安定化することに役立つだけではなく、マクロ経済のバロメーターとしての役割を資本市場が客観的・効果的に発揮することにもつながる。国際金融危機という現状の下、金融の革新を進めるにあたっては慎重さが必要だが、「やるべきことまでも怖がっていてはいけない」という見方は市場の共通認識となっている。株価指数先物の打ち出しは時間の問題だ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年3月18日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)[ポスト金融危機時代の日本経済]
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古