2009年3月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:30 Mar 27 2009

国産コミューター機「ARJ21」、09年はテスト飛行の年に

 中国商用飛行機有限公司は18日、「中国が自主開発したターボファンエンジン搭載の新型コミューター機『ARJ21』にとって、2009年はテスト飛行の年となる。第1機のテスト飛行や実験はすでに始まっており、テスト飛行に向けた各作業は正式にスタートしている」と語った。新華社が伝えた。

 新型コミューター機プロジェクトは今年、機番「101」「102」「103」「104」の4機を用いた離着陸実験を進める。そのうち「102」「103」「104」の3機は年内に初飛行を実現する。「101」「102」「103」の3機は西安市閻良区に場所を移し、テスト飛行のための調整を行い、テスト飛行の認可を受ける。同プロジェクトは、幾度にもおよぶテスト飛行や実験を経た後、2010年には耐航性検査を通過し、商用飛行を正式にスタートする予定だ。

 ARJ21型機の第1機である「101」機はしばらく前、飛行検査を無事行った。同機にとって初のテスト飛行となり、08年11月28日に初飛行して以来の2回目の飛行ともなった。同機は15日午後3時7分に離陸し、1時間18分にわたって飛行し、午後4時25分に無事着陸した。飛行の最大高度は2882メートルで、最大速度は272ノットだった。今回の飛行のねらいは、飛行機の性能のさらなる検査とチェック。今後も多くのテスト飛行を行い、移動技術が整った後に西安閻良に舞台を移すことになっている。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年3月19日
中国の国産大型機開発

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第18号)金融危機後の中国と日本企業の対応
中国の国産大型機開発new
【特集】両会の経済20キーワード
【特集】チベット民主改革50周年
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古