2009年3月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:09:01 Mar 20 2009

日立社長、中国の反貿易保護の主張を高く評価

 第10回中国発展ハイレベルフォーラムに出席中の日本日立株式会社の古川一夫社長は取材を受けた際、「金融危機に直面している今、貿易保護主義は世界経済の情勢をより深刻な状態にさせる。中国が提出した貿易保護に反対する主張を高く評価する」と述べた。

 古川社長は、「金融危機を受けて、貿易保護主義が様々な誘惑をもたらした。しかしながら、貿易保護主義は国際貿易の障壁になり、雇用チャンスも縮小する。中国が提唱した国際協力は重要な主張で、高く評価するべきた」と述べた。

 また、古川社長は「各方面は相互信頼の関係を回復するのは、金融危機がもたらした困難を克服する重要な前提である」と強調した。

 「チャイナネット」2009年3月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】両会の経済20キーワードnew
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古