2009年3月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:10:44 Mar 20 2009

日中航路の燃油サーチャージ引き下げ 花見希望者に朗報

 旅行総合サイト「携程旅行網(ctrip.com)」は19日、国内外の多くの航空会社がまもなく、中国と日本を結ぶ航路の燃油サーチャージを引き下げることを明らかにした。引き下げ幅は9割を超え、日本への「お花見ツアー」は1000元ほどの値下がりとなる。「北京商報」が伝えた。

 同サイト航空券業務部門の張偉・高級総監によると、国際航空・東方航空・全日空など国内外の航空会社各社は、中国と日本を結ぶ航路の燃油サーチャージ基準を4月1日から引き下げる、そのうち日本から出発のフライトでは、片道の燃油サーチャージが6000円から500円に引き下げられる。日本以外の地区から出発する場合の燃油サーチャージは片道で56ドルから5ドルに引き下げられる。

 張氏によると、今回の燃油サーチャージ引き下げによって、中日航路の航空券を4月1日以降に中国で買う市民は、片道35元の燃油サーチャージを支払うだけでよくなる。日本はまもなく桜の季節を迎える。燃油サーチャージの引き下げによって、日本への花見旅行を希望する観光客には約1000元の旅行費節約となる。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年3月20日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】両会の経済20キーワードnew
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古