2009年3月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:13:31 Mar 20 2009

経済低迷は転じて福となるか?

 経済低迷がわれわれにもたらすものは不幸ばかりではない。米国には主に経済学者や心理学者らで構成された、やや悲観主義的な色合いを帯びた調査チームがあり、次の問いへの答を見いだそうとしている。「過去10年間に人々の生活スタイルはより賢明なものになっただろうか」という問いだ。「国際金融報」が伝えた。

 同チームの答は「ノー」だ。経済衰退期は(経済繁栄期や経済低迷期に比べれば)人々の生活にとってはよいものである可能性が高い。こうした時期にはアルコールの摂取や喫煙が控えられ、体重も減少する。またより高いレベルの教育が求められるようになり、空気がきれいになり、道路も渋滞しなくなるという。

 スタンフォード大学とノースカロライナ大学の研究者が行った調査によると、経済が順調な時期には、各階層とも自分の健康にあまり関心を向けなくなり、家族に対する関心も薄れるという。そうした時期にはスポーツクラブの会員証を手に入れることが賢明な行為とみなされるが、アルコール摂取量は高まり、高脂肪の食品を控えることもなくなる。だが経済後退期には、より多くの余暇を手にするので、友人を訪ねたり、年長者の世話をしたりすることができるようになる。子供のケアにもより多くの力を注げるようになり、大金を払って子供を夜まで学童保育に預けて万事事足れりとする風潮が改まる。

 スタンフォード大学のグラント・ミラー助教によると、経済繁栄期には人々は職場でがんばり、よりよい生活のために朝9時から夕方5時まで一所懸命に働く。すると重々しい圧力がのしかかり、自身の健康を顧みる余裕がなくなる。定時に家に帰って食事をしたり、定期的に体を動かしたりするということは、彼らにとっては金を稼ぐ時間を浪費しているようなものだという。これが現状だ。だが経済が低迷し始め、所得が減り、失業者が増加すると、若年層は自身の学歴は不十分だと考え、経済的圧力に迫られて勉強したり充電したりする時間を求めるようになる。中高年層は所得が非常に少なくなるので、前倒しで退職する道を選ぶようになる。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第17号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】両会の経済20キーワードnew
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古