2009年4月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:10:42 Apr 01 2009

中国人民銀行の副総裁が語る、国際金融システムの監督改革

 外交部は23日に内外記者向けブリーフィングを開き、中国人民銀行の胡暁煉・副総裁が金融システムの監視・管理改革について次のように見解した。

 (1)金融市場のすべての参加者を監督対象とし、特に総合的に影響力のある機関に対する監督を強化し、「規制裁定」を防ぐため、監督ルールを

 一致させなければならない。

 (2)経済周期拡大を緩和する政策ツールを開発・使用し、金融機関の内部評価能力を高め、外部に頼った評価を調整し、公正価値会計ルールの

 使用を適時調整する。

 (3)金融セクター評価プログラム(FSAP)の評価ルールの正確さと予測を一層高め、新興市場国の発展の特徴に見合った評価システムを構築す

 る。振興市場国の市場の特徴と金融部門の状況を考慮し、先進国と成熟した市場の方式を直接新興市場国に移植したり、コピーしないようにする。

 (4)国際決済制度と破産法の統一を加速し、多国籍金融機関の破産清算に関する国際ルールまたは実践手引きの作成を進め、国内外の投資家に公平に対応する。各国は共にさまざまな形式の貿易・金融保護主義に警戒する。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年3月24日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第18号)金融危機後の中国と日本企業の対応
中国の国産大型機開発new
【特集】両会の経済20キーワード
【特集】チベット民主改革50周年
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古