2009年3月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:15:15 Mar 26 2009

国際金融センターはなぜ上海に建設されるのか

 国務院常務会議は25日、現代的サービス業や先進的製造業の発展と国際金融センターや国際水運センターの建設の上海による加速を促すことに関する意見を審議し、原則的に採択した。国際金融センターの上海への建設が国家の文書として初めて正式に認められたことになる。国家戦略としての位置付けと発展への高い要求がうかがえる。

 国際金融センターの建設を目指す中国の都市はほかにもある。上海が今回、国際金融センターの建設地として選ばれたのはなぜなのか。

 ▽すぐれた基礎条件

 「上海が選ばれたのはとても自然なことだ」。清華大学ブルッキングスセンターの主任を務める肖耿教授は語る。かつて極東の金融センターでもあった上海は、基礎的な条件が最も整った場所だからだ。肖教授によると、国際金融センターの建設にあたっては、すぐれた金融システムと金融機構、人材、環境、管理が必要となる。国内都市の現状から見て、上海の条件はもっともすぐれている。

 上海の金融システムはだいたいの形がすでにできあがっている。商業銀行・証券会社・保険会社・ファンド管理会社・信託会社・先物会社・金融リース会社・為替仲介会社・証券業務センターなどが完備された金融システムが上海にはある。上海市金融サービス弁公室の関係者によると、上海の金融機関の総数は昨年6月末までに850機関におよんでいる。

 さらに重要なのは、上海の金融機関の資産総額が全国の金融資産総額のうちに大きな割合を占めているということだ。全国の金融機関の資産総額は07年末までに60兆4800億元に達したが、上海の金融機関はそのうち11.5%に達する6兆9400億元を保有していた。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第18号)金融危機後の中国と日本企業の対応
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】両会の経済20キーワードnew
【特集】チベット民主改革50周年new
【特集】2009「両会」
【特集】国務院10大産業振興計画
【特集】
ダーウィン生誕200周年

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古