2009年4月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:12:44 Apr 03 2009

日本のコンビニチェーン、中国展開を活発化

 日経新聞によると、小売業大手のイオンはこのほど、コンビニエンスチェーンの中国1号店を山東省青島市に設ける計画であることを発表し、中国のコンビニ市場への参入を明らかにした。「上海証券報」が伝えた。

 報道によると、イオン傘下のコンビニ「ミニストップ」は今夏、青島に1号店をオープンする。今後5年で山東省に200店舗を展開する計画だ。イオンはこれに先立ち、コンビニ運営を担当する「青島ミニストップ公司」を資本金500万ドルで立ち上げた。ミニストップ直営店の開設と運営、フランチャイズチェーンの募集と指導を行う。イオンでは、山東省でのコンビニ業務が軌道に乗った後、他の省への展開も計画している。

 中国コンビニ市場へのイオングループの参入はこれが初めて。同グループはこれまでに、山東省・広東省・北京市・香港などに27店の総合スーパーを開設しており、コンビニ業務の展開にあたってもすでにある供給ルートと物流ネットワークが役立つことになる。

 ミニストップ以外の日本のコンビニチェーンも中国での動きを活発化している。「セブンイレブン」は4月に上海入りし、09年度に10店余りをオープンする構えだ。天津市場への年内の参入も予定されている。「ファミリーマート」は、江蘇省・広東省・上海市などの店舗数を現在の200店から倍増させることにしている。上海に300店近くを展開している「ローソン」も、中国のほかの省への進出を検討しているという。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年4月3日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古