2009年4月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:14:19 Apr 07 2009

中国富裕層が持つ7つの消費傾向 お嬢様型、新貴族型・・・

 コンサルタント企業「マッキンゼー・アンド・カンパニー」がこのほど発表した調査によると、世帯年収25万元以上の中国の富裕世帯は08年、160万戸に達した。この数は年間16%の速度で増加しており、2015年には400万戸余りに達する見込みだ。そうなれば、中国は同年、米国と日本、英国に次いで富裕世帯が世界で4番目に多い国となる。「第一財経日報」が伝えた。

 フォーブス研究院が行った資産家に関する調査によると、1000万元以上の資産を持つ中国人の年間消費は平均200万元に達している。マスターカードが行った贅沢(ぜいたく)品市場に関する調査によると、中国人富裕者による贅沢品への消費額は2016年、若者層で総額264億ドル、中高年層で総額180億元に達する見込みだ。

 マッキンゼー社による今回の調査では、中国の16都市に住む富裕世帯1750戸が対象となった。世帯年収が25万元を超える都市家庭が富裕世帯として定義された。これによると、中国の富裕世帯は現在、東部と中南部に集中しており、30%は北京・上海・広州・深センに住んでいる。また富裕世帯数トップ10の都市に住む世帯が全体の50%を占めている。

 調査によると、中国の富裕層の消費傾向は次の7つに分類することができるという。

 (1)流行に敏感なお嬢様型:ほとんどが大都市に集中し、女性の割合が高い。健康や環境、家庭の生活クオリティーを重んじる。高級品をよく知っており、ブランドにもうるさい。頻繁に買い物をし、買ったものについてよく討論する。あまり派手な商品は好まず、上品で味わい深い流行品を愛する。

 (2)完ぺきを求める堅実型:ゼロから事業を起こした人が多い。贅沢品には関心がなく、一般の消費者と似た好みや態度を持つ。ブランドよりも品質を重視する。偽ブランドや横流し品は受け付けない。多くが地方都市に家族単位で住んでいる。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古