2009年4月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:08 Apr 22 2009

世界の自動車メーカー、上海モーターショーに熱意

 金融危機の影響を受けて、世界的な自動車メーカーはいずれも支出を切りつめているが、今年の「上海モーターショー」への情熱は一向に衰えを見せない。「毎日経済新聞」が伝えた。

 中国国際貿易促進委員会自動車産業分会の王侠副会長が7日明らかにしたところによると、今月22日に開幕する第13回上海国際汽車工業展覧会(上海モーターショー)で、世界の自動車メーカーが世界に先駆けてお披露目する新車は、前回より5車種多い13車種に上る。また今回参加を予定するメーカーは25カ国・地域の約1500社に上り、これも前回より200社多い。こうしたことから、金融危機の影響下にあって、世界の自動車メーカーが中国市場を一層重視するようになったこと、中国市場への信頼感が一層高まったことがうかがえる。

 世界に先駆けて新車が何台お披露目されるかは、モーターショーの価値をはかる重要な指標だ。今回はBMWが2車種、アウディがA3シリーズのセダン車、ポルシェが新車「パナメーラ」をそれぞれお披露目するとしている。危機に見舞われた米国三大メーカーのゼネラルモーターズ(GM)、フォード、クライスラーも参加を予定しており、GMは新しいコンセプトカー1車種を打ち出す準備を進めている。

 王副会長によると、世界初の新車のお披露目や自動車メーカーの注目度、出展規模などいずれをとっても、上海モーターショーはすでに世界で最も影響力をもつモーターショーの一つになっている。今年の展示面積は17万平方メートルに達し、規模ではすでにジュネーブモーターショーやデトロイトモーターショーを抜いた。主要メーカーが中国に集結することは、中国市場に対し業界が十分な信頼感を抱いていることを示している。

 世界的なメーカーのほか、中国メーカーも最大・最強の布陣で世界に対抗する。王副会長によると、上記のお披露目される13車種には中国企業の製品は含まれていない。今回は第一汽車、上海汽車、東風汽車、長安汽車、広州汽車、北京汽車の国内六大メーカーが初めて出そろうことになっており、上海汽車はハイブリッド車「栄威7501.8T」をひっさげて参加する予定で、これは同社初の産業化された独自ブランドのハイブリッド車となる。また東風汽車は乗用車と商用車をともに出展する予定で、上海モーターショー始まって以来の快挙となる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年4月8日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古