2009年4月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:13:38 Apr 09 2009

老舗食品メーカー「王致和」の商標侵害案、まもなく判決へ

 北京の老舗「王致和食品グループ」がドイツのOKAI社を訴えた商標登録訴訟の第二審最終審理がこのほど、ドイツのミュンヘンの高等地方裁判所で行われた。王致和グループによると、「補償金を支払うなら商標を放棄してもいい」というOKAI社側からの要求を、同グループは「理不尽なもの」として拒否した。

 ドイツのOKAI社は、王致和グループの商標をドイツで故意に先に登録した。これを知った王致和グループは07年1月25日、ミュンヘンの地方裁判所に起訴状を提出。同年11月14日の一審判決は、「OKAI社は、王致和グループの存在を知った上で、商標を登録していた」とし、「権利侵害と不当競争にあたる」との判断を下した。王致和グループはこうして一審での勝訴を勝ち取った。敗訴したOKAI社は08年2月25日、ミュンヘン高等地方裁判所に上訴を提出。第二審は今年1月22日に開かれた。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年4月9日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古