2009年4月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:29 Apr 14 2009

中国の文化産業、高速成長期へ 新技術が追い風に

 中国社会科学院は13日、09年の「文化青書」を発表し、中国の文化産業が今後5年から10年までの間、より健全な高速成長期を迎えるという予測を示した。国民経済の成長と転換を推進するという文化産業の大きな役割はますます際立っていくと見られる。「北京商報」が伝えた。

 ▽3Gの追い風を受ける文化産業

 中国社会科学院文化研究センター張暁明・副主任によると、第三世代携帯電話(3G)や中国モバイルマルチメディア放送(CMMB)の登場は文化産業にとっての大きなチャンスとなる。新たなデジタル技術の登場と普及の際には、娯楽文化コンテンツが活躍することが多い。3GとCMMBの登場はモバイルインターネット時代の到来を象徴している。文化産業はすでに、業務形態革新とビジネスモデル革新の新たな時期に入ったと言える。

 張副主任によると、3GとCMMBという2つの新技術はいずれも、モバイル機器を使ったストリーミングメディアの受信と関係している。これらの技術は、放送業と通信業との合流という最新の傾向を代表している。この2分野は、消費が行われる端末において最終的に合流することになるはずだ。張副主任によると、中国移動(チャイナモバイル)などの大企業は現在、国家アニメ漫画部門の形成に積極的に参加している。3Gの登場で、携帯電話でのアニメ放送が大きく広がろうとしている。

[1] [2]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古