2009年4月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:56 Apr 16 2009

中国漫画「三国志」が日本や欧米に輸出

 中国漫画界をリードする漫画家の陳維東氏と梁小竜氏が7年をかけて創作した、中国初のオリジナル漫画「四大名著」(「三国演義」「水滸伝」「西遊記」「紅楼夢」)が15日、安徽出版グループから出版された。

 安徽出版グループの王亜非総裁によると、「三国演義」をはじめとする4冊の中国古典の漫画は全ページカラーで、古代戦場の説明や古代兵器の図録など、今までにはない新しい要素が随所に見られるという。

 これらの漫画は、従来の映画やテレビドラマの「四大名著」とは違って原作を忠実に表現しており、歴史の重みを感じることが出来る。また人物の描き方などは中国画の要素や美意識を取り入れ、日本や米国の漫画とは全く異なるスタイルだ。

 出版側によると、この漫画シリーズは2006年に英語、フランス語、日本語、韓国語に翻訳されて54万冊以上が売れ、他の多くの国でも出版権を販売しているという。国内での売り上げは少なくとも3万セットを見込んでいる。

 「チャイナネット」2009年4月16日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古