2009年4月21日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:11 Apr 21 2009

中国、原子力発電所5カ所を年内に起工へ

 中国の原子力発電所の建設が加速している。今年は、浙江省三門・山東省海陽・広東省台山・海南省昌江・山東省栄成の5カ所で原子力発電所の建設がスタートする。「国際金融報」が伝えた。

 今月19日には、世界最先端の第3世代原子力発電技術「AP1000」を導入した浙江省三門原子力発電所1号ユニットの建設が開始された。中国の原子力発電所建設が新たな段階に入ったことを示すできごととなった。今年9月には、20万キロワットの発電力を持つ高温ガス炉のモデルプロジェクトが正式に起工となり、中国の自主設計した第4世代原子炉がモデル化の段階に入ることになる。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年4月21日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古