2009年4月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:00 Apr 28 2009

上海モーターショー、4つの新たな傾向

 上海モーターショーでは、自動車メーカー各社がさまざまな新テクノロジーを披露している。その中でも際立つのが次の4つの傾向だ。

 (1)圧縮

 エネルギー節約や排気量削減の呼び声が高まる中、各自動車メーカーは、動力と燃費とのジレンマに立たされている。これを解決する方法の一つが、ターボチャージャーなどによる圧縮だ。日韓メーカーがバルブコントロール技術の研究に取り組んでいる間に、欧米メーカーは圧縮技術の応用に足を進めている。今回のモーターショーでも、BMW・ゼネラルモーターズ・フォルクスワーゲンなどがいずれも圧縮製品を出展している。

 BMWの新型車「Z4sDrive35i」には、直列6気筒エンジン対応のツインターボチャージャーが採用され、ロードスター史の新たな幕開けを示すものとなった。一汽大衆(フォルクスワーゲン)と上海大衆は同時に、1.4TSIエンジンとDSGトランスミッションの導入を打ち出し、「Sagitar」と「Lavida」へと応用した。

 ベントレーの出展スペースでは、今年打ち出されたばかりの高速車「GTC Speed」が展示されている。12気筒ツインターボチャージャーエンジン、610馬力、最大トルク750Nm。静止状態から4.8秒で時速100キロへの加速が可能だ。

 (2)小型車

 排気量1600cc以下の車種に対する自動車購入税免除の政策によって、中国では、排気量の小さい車の販売台数が大きく跳ね上がった。小型車は、自動車メーカーにとって無視できない成長市場となっている。今回のモーターショーでは、長安やチェリーがいずれも優れた小型車を出展した。

 初公開となる7代目のスズキ・アルトは、今回のモーターショーの注目点の一つとなっている。外観に旧来の面影はなく、車内スペースもずっと大きくなった。もっとも、価格も大幅アップとなった。チェリーからは、2ドア4シートの「Qqme」が登場した。車体の長さが伸び、車内スペースもゆったりしたものとなっている。07年に発売されたフィアット500にも注目が集まる。クライスラーとフィアットの再編案が通れば、フィアット500の新型車を下半期にも見ることができるかもしれない。

[1] [2]


2009年上海国際モーターショー

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古