2009年4月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:09 Apr 24 2009

広汽トヨタ「カムリ」に不具合 無償で部品交換

 先月21日、中央電視台が伝えたとして報じたところによると、広州豊田汽車有限公司(広汽トヨタ)のカムリは、ブレーキに故障があり、安全に問題があるとのクレームが多くの所有者から寄せられた。これを受けて同公司は同23日、4月22日に国家質量監督検験検疫総局(質検総局)欠陥製品管理センターにリコールの申請を提出し、真空ポンプの無償交換に応じることを発表した。カムリは細分化する自動車市場で常に売上1-2位に名を連ねる人気車種。今回の措置の対象となるのは2006年5月から2008年3月までに生産された製品で、総台数は26万台に上るという。「新京報」が伝えた。

 同公司が先月2日に質検総局に提出したこの問題に関する市場サービスについての報告書によると、同公司は今後6カ月にわたって市場サービス活動を展開し、所有者に対し真空ポンプの無償交換サービスを提供する。3月3日以降に生産するカムリは、真空ポンプの形状を改めて素材の耐久性能を高める。

 同公司はブレーキ故障の原因を次のように説明する。気温が高い時やブレーキの使用頻度が高いといった極端な状況の下では、真空ポンプ内部の部品が変質し、ブレーキペダルが硬くなり、ガス漏れの異常音がしたりエンジン故障ランプが点灯したりする可能性がある。こうした不具合が生じた場合に十分な制動力を得ようとすると、ブレーキペダルを一層強く踏み込まなければならなくなる。

 今まで、部品交換という技術的なサービスの提供を申請し、製品の回収を申請しなかった理由として、同公司は(1)不具合が生じる時には異常音がし、ドライバーは異常事態を予見して対策を取ることができる(2)最も悪い状況でも法定の制動力基準は満たせているーーの2点を挙げる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年4月24日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古