2009年4月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:59 Apr 28 2009

長安フォードマツダ、3千台余りをリコール

 広汽トヨタがカムリ26万台のリコールを宣言したのに続き、今度は長安フォードマツダが24日、同社が生産したフォードとマツダの乗用車3千台余りを全国から回収すると宣言した。「新華網」が伝える。

 発表によると、09年2月16日から3月2日の間に生産されたフォード車のうち、「モンデオ致勝2.3l」の全車種と「フォーカス1.8l」のAT車、「フォーカス2.0l」の全車種、合わせて3127台が回収される。さらにマツダ車では、09年2月26日から4月16日の間に生産された「マツダ2 1.5l AT豪華版」「マツダ2 1.5l AT尊貴版」「マツダ2勁翔1.5l AT豪華版」、09年3月16日から4月16日の間に生産された「マツダ3 1.6l AT天窓版」「マツダ3 2.0l MT豪華版」がリコールの対象となり、合わせて307台が回収される。

 これらの車両がリコールされたのは、車両が高速走行をしている時に天井窓がはずれる可能性があるため。天井窓のガラスが生産時に汚染されていたため、ガラスと窓枠との結合強度が基準を満たさなくなったという。

 長安フォードマツダ社は今後、フォードとマツダを扱う全国の販売店を通じて、該当車両の持ち主に対する通知を行っていく方針だ。持ち主は、販売店を通じてリコールと修理を行う。長安フォードマツダは、回収対象の全車両の検査を行い、問題が見つかった場合には天井窓のガラスを無料で交換する予定だ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年4月27日

2009年上海国際モーターショー

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古