2009年4月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:59 Apr 28 2009

三菱自動車、中国展開を加速 巨大な潜在ニーズねらい

 世界経済危機の広がりを受けて、世界の自動車メーカー各社は拡張計画の中止・延期・凍結を決めている。だが日本の三菱自動車はこのほど、三菱グループが世界各地に約200店舗を展開する三菱商事と協力し、30億円の資金を投じて新たな販売会社を中国に設立した。中国での事業をさらに拡大していくねらいだ。「中国新聞網」が伝えた。

 三菱汽車(中国)の小西正秀・董事長はこのほど取材を受け、「中国の自動車市場は今年第1四半期に世界トップとなった。だが1000人あたりの自動車保有量は、世界平均が100台以上なのに対し、中国では十数台に過ぎない。中国には、巨大な潜在的購入層が依然として存在している」と指摘した。

 小西董事長によると、中国の潜在的購入層のほとんどは、日本や欧米とは異なり、買い替えではなく初購入の顧客だ。また中国の消費者の多くは現金払いで、ローンをあまり使わない。このことから、中国の自動車市場は日本や欧米のように低迷することはなく、「2008年には1000万台、2010年には1200万台、2015年には1600万台」という金融危機前に出された販売予測台数は1-2年おくれたとしても最終的には実現される見込みだ。

 小西董事長によると、輸入車を購入する中国人にとって、自動車はただの移動ツールではなく、急速に変化する中国の生活方式の価値観を表すものでもある。三菱自動車は今後、走行性・安全性・環境性にすぐれているだけでなく、ファッショナブルで躍動感にあふれた自動車を、中国の消費者に提供していく構えだ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年4月28日

2009年上海国際モーターショー

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古