2009年4月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:35 Apr 30 2009

中国テレビ市場、東芝と三洋の業績が悪化

 国際経済の低迷と中国産カラーテレビの値下げを受けて、東芝や三洋など外資のカラーテレビの売り上げは今年第1四半期(1-3月)、大きく低下し、市場撤退を迫られるほどに悪化した。「北京晩報」が伝えた。

 「蘇寧」や「大中」などの家電チェーンの第1四半期販売統計によると、昨年上半期には北京カラーテレビ市場のトップ3に名を連ねていた東芝は今季、14位にまで転落した。東芝のカラーテレビの売り上げは、中国カラーテレビの大手3社(「創維」「海信」「TCL」)のいずれと比べても20%程度にとどまった。

 創維北京分公司の潘志峰・総経理は、「外資のカラーテレビ大手は産業チェーンが長く、各所に多額の投資をしている。そのため、世界経済危機によるダメージも大きくなった」との見方を示した。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年4月30日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古