2009年5月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:03 May 18 2009

中国3Gの「三社鼎立時代」、本格的にスタート

 今年の世界電気通信の日を迎えた17日、中国聯通(チャイナ・ユニコム)は第三世代携帯電話(3G)テスト運用を国内55都市で正式に開始した。中国の3大電信キャリアの自社3Gブランドがこれでそろったことになる。中国電信(チャイナ・テレコム)は同日、同社の3Gサービスが7月に国内500都市をカバーするようになると発表した。中国移動(チャイナ・モバイル)も同日、G3ノートパソコンの調達契約を上海万博局と結んだ。中国3Gの3社鼎立(ていりつ)時代が本格的にスタートした。「北京商報」が伝えた。

 電信業界の再編プランが発表された昨年5月24日から一年近くが経とうとしている。チャイナ・モバイルの3G専用番号帯「188」とチャイナ・テレコムの3G専用番号帯「189(ブランド名:天翼)」はすでに市場での競争を始めている。チャイナ・ユニコムの3G業務打ち出しはほかの2社よりも一年近く遅れたことになる。

 だが業界内では、「チャイナ・ユニコムの3G打ち出しは最後だったが、チャンスを逃すほど後れてはいない」という見方が強い。Dopod社の許偉徳COOは、「チャイナ・ユニコムのWCDMAには、端末が成熟しており、価格が安く、製品が豊富だという長所がある。携帯企業にとっては、WCDMA方式のチップの選択肢は多く、ユーザー規模も大きいので、コストはすぐに下がるだろう」と語った。

 チャイナ・ユニコムの計画によると、5月のテスト運用期間にはWCDMA方式に対応した20余りの端末機が、ソニー・エリクソンやサムソン、中興など国内外の多くの携帯メーカーから打ち出される。6月末までには、ノキアやLGなどからも専用機種が出ることになっている。

 電信キャリアの活発な動きとは対照的に、3G時代の全面的な幕開けに対する専門家らの反応は比較的冷静だ。専門家によると、中国の3G市場の潜在力は大きいものの、一人の消費者が選択するのは一つの機種に過ぎない。機種を選ぶポイントは、通信費とネットワーク、速度の3つにしぼられる。消費者の多くは現在、3G携帯の通信費は高すぎると感じており、様子見の段階にとどまり、適切な購入の時期を待っている。

 3G時代の通信費の行方について、チャイナ・ユニコムの常小兵・董事長とチャイナ・モバイルの王建宙・総裁はいずれも、「上昇の余地はなく、今後は下がっていく傾向だ」との見方を示した。業界関係者によると、3G業務の初期段階には、各キャリアが一連の優遇政策を打ち出し、通信費優遇や端末機購入補助などの手段を通じて、新たな技術と業務をユーザーが受け入れられるように促していく見込みだ。通信キャリアの中には、無料試用を打ち出すところも出てくる可能性がある。3G市場がゆっくりと幕を開ける中、3キャリア間の競争も激烈さを増していくことになる。3G通信費の下降幅は1年で20%に達する見通しだ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年5月18日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古