2009年6月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:31 Jun 03 2009

中国自動車企業、世界的な業界の変化に直面

 今月1日、かつて77年連続で販売台数世界一の栄冠に輝いた米国の自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が破産法の適用を申請し、破綻した。これに先立ち、同じく米自動車大手のクライスラーも破産法の適用を申請して破綻しており、世界の自動車産業は新たな業界再編の時期を迎えている。米国の自動車工業が低迷する現在、最大の受益者は誰だろうか。中国自動車工業はどのような発展チャンスを迎えるだろうか。

 1990年代末頃、一連の再編や合併を経て、世界の自動車工業は徐々に「6+3」の局面を形成してきた。「6」とは▽GM、フィアット、鈴木、富士重工、いすゞのグループ▽フォード、マツダ、ボルボ・カーズのグループ▽ダイムラー・クライスラー、三菱のグループ▽トヨタ、ダイハツ、日野のグループ▽フォルクスワーゲン(VW)グループ▽ルノー、日産、サムスンのグループーーの6グループ、「3」とはホンダ、プジョーシトロエン(PSA)、BMWの3社を指す。当時はこれら9グループ・社の年間生産販売台数が世界全体の生産販売台数の95%を占めていた。

 ここ数年は米国のビッグ3(GM、フォード、クライスラー)が苦境に陥り、これまで世界ランキング上位にあった3グループが次第に分裂してきた。クライスラーとGMが破綻した今、「6+3」の局面はもはや存在しない。

 今月1日、GMがまもなく破産法の適用を申請して破綻するとの情報が流れたため、アジアの多くの自動車企業の株価が上昇した。複数の市場アナリストが認めるように、GMの破綻後、アジアの主要自動車メーカーは世界市場シェアが一層高まるものと予想される。またVWやフィアットなどの欧州大手メーカーにとってGMの没落はチャンスだといえる。

 当然ながら、現在の世界的な自動車産業の大変動において、中国自動車産業も急速に発展する新たなチャンスを迎えている、第一に、金融危機の発生以前、中国自動車市場は巨大なニーズと政府による消費刺激政策に後押しされてきた。そうして今年1ー5月には前年同期比2けたの成長を遂げ、世界自動車市場における唯一の成長株となった。今後、世界の自動車大手は中国市場にますます期待し、新しい技術や製品の投入により一層力を入れるものと予想される。第二に、世界の自動車産業には欧米からアジアへの移転という大きな流れがあり、これを変えることはできない。巨大な国内市場の存在により、中国が競争力を備えた自動車企業の育成に成功することは確実だ。

 中国独自ブランドを備えた自動車企業は現在、中核技術やブランド価値などで弱点を抱えており、国際化のレベルも低く、今後はこうした面での発展が必要になる。(編集KS)

 「人民網日本語版」2009年6月3日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古