2009年6月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:06 Jun 09 2009

中国の商標登録申請数、7年連続で世界トップに

 国家工商総局商標局の王守義・副局長は8日、「北京順義ブランド経済フォーラム」に出席し、「商標の統一登録が回復された1979年以来、中国の商標登録申請数は1980年の年間2万6千件から2008年の年間70万件まで急速に増加した」と語り、中国の商標登録申請数が7年連続で世界最多となったことを明らかにした。「新華網」が伝えた。

 王副局長によると、中国の商標登録申請はここ数年、人員編成などの制限を受け、未処理件数が大きく増えている。商標登録が完了するまでの期間も延びている。07年末、中国の商標申請の未処理件数は180万件に達し、登録審査期間は36カ月に伸びた。商標登録作業はかつてないプレッシャーと試練を受けている。

 今年1月から5月までに商標局が審査した商標登録申請は計51万件にのぼり、昨年同期から30万件余り増え、増加幅は151%に達した。商標に対する異議申し立てへの裁決は8千件余りに及び、昨年の4千件余りから倍増した。

 王副局長によると、全国各級の工商部門は商標への行政保護を強め、偽ブランド商品の販売などの違法行為を厳しく取り締まっている。今年第1四半期に取り締まりを受けた各種商標権侵害事件は6149件にのぼり、そのうち偽物の販売などによる商標権侵害事件は5423件、商標に関する一般事件は726件。外国にかかわる事件は1685件、司法機関に送られた商標犯罪事件は13件、商標犯罪の容疑者は15人だった。

 また今年1月から5月までに商標局が審査した地名商標の申請は44件だった。地名商標がつけられた農産品22種を対象とした昨年の統計によると、地名商標登録後の農産品の平均価格はそれ以前の4倍に跳ね上がる。現地農民の平均収入もこれに応じて、15%から485%までの異なる上昇となった。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年6月9日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古