2009年6月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:23 Jun 29 2009

福清原子力発電所、4兆元投資の最初のプロジェクトに

 内需拡大4兆元投資の最初のプロジェクト「福清原子力発電所プロジェクト」には建築一括請負(EPC)モデルが初めて導入され、1000億元近くが投資される。ほかの産業に対しても4倍近い投資をもたらす見込みで、就業の効果的な促進が期待される。「国際広播網」が伝えた。

 4兆元投資の最初のプロジェクトととなった福清原子力発電所には、投資や内需拡大の規模がどれほどのものなのかという関心が集まっていた。中国原子力工業グループの余剣峰・副総経理は、「同プロジェクトの発電ユニット6基は同時に建設され、毎年50億元の800億元近い投資が行われる。地方経済を引っ張るその力を利用することによって、金融危機のプレッシャーは大きくやわらげられている」と語る。

 予測によると、福清原子力発電所プロジェクトは、ほかの産業に対しても4倍から5倍の投資をもたらし、3000億元から4000億元の国内投資を引き付けることになる。プロジェクトには就業促進という効果もある。プロジェクトの起工にあたって、福清原子力発電公司だけで今年、150人の大卒者が募集された。プロジェクト進展に応じて、来年は220人の大卒者が募集される見込みだ。工事会社や製造業者、出稼ぎ労働者などの産業チェーンで3万口の就職ポストが生み出されることになる。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年6月29日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古