2009年7月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:54 Jul 01 2009

ペトロチャイナとBP、イラク最大のガス田の開発権を落札

 中国石油天然気(ペトロチャイナ)が海外市場でまた成果を上げた。イラクのシャハリスターニー石油相は6月30日、世界最大の油田の一つであるイラクのルマイラ油田に対する20年間の開発契約を、英国のBP社とペトロチャイナが組織した財団が落札したと宣言した。「北京商報」が伝えた。

 ルマイラ油田の開発権の落札は、イラク内の油田・ガス田に対して行われた一連の入札での最初の落札結果となった。ルマイラ油田は1953年に発見され、1972年に生産を開始した。イラクとクウェートの国境地帯にあり、埋蔵量は約170億バレルにのぼる。

 ペトロチャイナとBPの共同組織は入札の中で、投資コストを回収した上で原油1バレル3.99ドルの利潤を得ることを提案していた。だが30日早朝、イラク石油省はこの利潤を2ドルに引き下げるよう求めた。ペトロチャイナとBPの共同組織はさらに、ルマイラ油田の一日の採掘量を110万バレルから280万バレルに引き上げることも承諾した。

 今回の国際入札は、イラクが30年余り前に石油業を国有化して以来、油田・ガス田の開発に関してイラク政府が海外企業に行う初めての入札活動となった。イラクの石油省によると、120社が入札参加を希望したが、入札資格がある企業は最終的に35社にしぼられた。

 業界の分析によると、イラクの油田は非常に質が高く、今回の競争も非常に激烈なものとなった。世界の大型石油会社はいずれも落札をねらった。中国の石油会社が取った国際的石油会社との共同入札というやり方は非常に有効なものとなった。リスクを避けられると同時に、中国の企業は、資金や技術の面でも利益を得ることになる。

 イラクは今後、このほかの5つの大型油田(ズバイル油田、西クルナ油田、マイサン油田群、キルクーク油田、バイハッサン油田)と2つの大型ガス田(アカスガス田、マンスリヤガス田)の入札を次々と行っていく計画だ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年7月1日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古