2009年7月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:02 Jul 09 2009

ホンダ、国家商標審査委員会を相手取り訴訟 一審で勝訴

 二輪車メーカー・重慶力帆轟達実業(集団)有限公司のロゴ「力帆・轟達」のうち、轟達の発音(Hong-da)がホンダに近似しているため、登録すべきではないとする判決がこのほど下った。

 「力帆・轟達」は同公司が1999年に国家商標局に申請、登録したもの。一方のホンダは1982年に中国で「HONDA」の商標を登録しており、それぞれの商標は、類似商品に使用されている。このため、ホンダは国家商標審査委員会に異議申し立てを行っていた。

 しかし、国家商標審査委員会は、「力帆・轟達」と「HONDA」は読み方が似てはいるが、市場では一般的に「HONDA」のロゴでホンダだと認識しているため、2つのロゴは混乱、誤解を引き起こすことは無いとして、ホンダの異議申し立てを拒否した。

 このため、ホンダは国家商標審査委員会を相手取り訴訟を起こした。第一中級人民法院(裁判所)は審理の結果、「轟達」と「HONDA」の読み方が似ており、2つの商標が類似商品に使われていることは、混乱、誤認を起こしやすいとして、「轟達」のロゴを登録すべきではないという判決を下した。この一審で、国家商標委員会の裁定が取り消され、再び裁定を行うよう判決が下った。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年7月9日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古