2009年7月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:04 Jul 09 2009

セブン&アイ、中国で洋風ファミリーレストラン展開へ

 イトーヨーカドーが8日に伝えたところによると、日本の小売大手セブン&アイホールディングスが、まもなく北京で初のファミリーレストランを開店する。今年中に3-4店舗が開店する予定で、3年後までに中国で30店舗展開を目指す。北京商報が伝えた。

 先月、吉野家とサイゼリアは中国でさらに20-50店舗を開設する計画を発表した。これに引き続く形で、セブン&アイが中国市場における洋風ファミリーレストランの空白に狙いを定め、西洋料理がメインのメニューが豊富なファミリーレストランを計画しているというニュースが日本から伝わった。価格は北京の同ジャンルのレストランより低く設定されるという。

 セブン&アイは、中国人の収入が増加するにつれ、飲食習慣も変わりつつあり、人々がこのようなファミリーレストランを受け入れる条件が整ったと認識。洋風ファミリーレストラン「Oldies」をチェーン展開し、家族の外食をターゲットに、主にハンバーグ、パスタなど、洋食をメインに提供していく。

 セブン&アイと中国企業2社は今年2月、合資でレストラン会社を設立。セブン&アイの傘下として中国市場にすでに進出しているイトーヨーカ堂と連携して原料を調達し、経営効率を高めていく構えだ。(編集SN)

 「人民網日本語版」 2009年7月9日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古