2009年7月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:42 Jul 23 2009

中国の国産自動車販売台数が過去最高を記録

 中国汽車工業協会が9日発表した最新統計によると、中国の国産自動車生産・販売台数は上半期、国の自動車販売拡大政策の下で急増した。生産台数は前年同期比15.22%増の599万800台、販売台数は同17.69%増の609万8800台と、ともに半期ベースで過去最高を記録した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 上半期、乗用車は生産台数が同20.96%増の441万8900台、販売台数が同25.62%増の453万3800台に達し、伸び幅はそれぞれ全体を5.74ポイントと7.93ポイント上回った。自動車全体の生産・販売の成長に対する貢献度は乗用車が96.8%で、商用車は3.2%に過ぎなかった。

 圧倒的多数の自社ブランド乗用車は排気量1600cc以下の小型車で、これらは自動車購入税の優遇効果が大きいため、1月以降、シェア一位を維持した。上半期の自社ブランド乗用車の販売台数は95万5300台で、乗用車全体の29.45%を占めた。前年同期比4.21ポイントの増加だ。

 中国汽車工業協会の朱一平助理秘書長は、上半期に自動車生産・販売台数が急伸した理由として(1)金融危機の影響を受けたものの、中国では工業化と都市化のプロセスが引き続き加速し、地域経済が急速に成長した。経済成長が自動車販売の成長に大きく寄与した(2)世界金融危機の中、中国政府は適切かつ迅速な対策を講じた。実体経済への衝撃は先進国より小さく、経済と消費者信頼感の回復が、自動車の販売拡大を支えた(3)世界金融危機は中国の国内自動車市場に短期間、一定の影響を与えたが、国内自動車産業の急成長という傾向に変化はない。国務院が策定した自動車産業調整振興計画、および各政策の実施が、自動車産業の発展を大きく促した??を挙げた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2009年7月10日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古